Utilisation et Entretien

How to Leather Hand Sewing

<革の貼り合わせ>

1.わかりやすい様に、表(茶)と裏(焦茶)に分けます。

2.手縫いする箇所に接着剤を塗布します。

3.指やヘラで約6〜7mm幅に広げます。木工用ボンド等の白い接着剤(水性)は、乾く前に貼り合わせます。ゴムのり等(油性)の接着剤は、乾いた後に貼り合わせます。

4.水性接着剤はクリップ等で圧着します。油性接着剤はローラーや、手で押して圧着します。

 

<手縫い用ディバイダーで線引き>

1.手縫い用ディバイダーで、引く様に線を引きます。

2.角度は少し傾けて使用します。強く線を引くと革が切れたり、線が深く残ってしまうので気を付けます。

 

<菱目打での穴開け>

A.穴を1つ重ねて開けます。重ねないと均一な穴開けが出来ません。

B.横から見て垂直に穴開けをします。傾いていると、裏面の縫い目が汚くなります。

C.叩く時は、裏面に刃先の先端が出ていればOKです。強く叩きすぎて、刃先を深く入れると、刃が折れる原因になります。C−2とC−4は縫い目の見た目は変わりません。

D.ゴム板の下に、タオルを敷くと騒音防止になります。

 

<針と糸の準備>

1.実際に縫う長さの4倍〜5倍の長さの麻糸・丸針2本・ビーズワックスの3点、もしくは、ロウ引き糸(ロウがしみ込んだ糸)・丸針2本のどちらかを準備します。(説明は麻糸で行います)

2.麻糸にロウを擦り付けます。3〜4回糸を引いてロウを擦り込んで、逆方向からも同じ様に擦り込みます。

3.Aを針穴に入れて20mm位で止めます。

4.Bを針先に刺して、少しAに近付けます。

5.再度、Bを針先に刺して、Aに近付けます。

6.針先に刺した、Bの2ヶ所をAの針穴に近付けます。

7.Aを引いて糸のたるみを無くします。

8.Bを引いて、針先に刺したBの2ヶ所を針から抜きます。

9.1つ目の針、下準備完成です。再度、糸の反対側にも、同じ手順で針を準備します。

10.1本の糸に、針を2本付けた状態で完成です。

 

<手縫いの方法>

1.縫う距離の4〜5倍の長さの糸を準備します。

2.AとBの長さを同じにします。(わかりやすい様に、糸をAとBに分けて説明します)

3.まず、Aを1つ目の穴に刺して引きます。縫う時は、表面(Front)を自分に向けて、左から右に向かって縫います。

4.Aの糸を引いて止めた状態です。

5.Aを下に下げます。(重要!)Aが右・Bが左になる様なイメージで、Bを引きます。革手縫いは、このルールを最後まで変えません。変えると裏面の縫い目が不揃いになり、綺麗な縫い目になりません。

6.AとBを引いて縫い目を締めます。強く引きすぎると革がちぎれます。

7.Bを次の穴に刺して引きます。

8.Bの糸を引いた状態です。

9.5の手順と同様に、Bを下に下げます。(重要!)Aが左・Bが右になる様なイメージで、Aを引きます。

10.AとBを引いて縫い目を締めます。この手順の繰り返しで縫い進めていきます。

11.縫い終わりについて説明します。まず、AとBを引いて縫い目を締めます。

12.縫い目を、逆に戻ってAを刺して引きます。糸が抜けにくい時は、Aの針を円を描く様に回すと、穴が広がって抜けやすくなります。

13.Aの糸を引いた状態です。

14.5の手順の逆向きに、Aを下に下げます。(重要!)Aが左・Bが右になる様なイメージで、Bを引きます。

15.AとBを引いて縫い目を締めます。

16.12の手順と同様に、Bを刺して引きます。

17.Bを引いた状態で、AとBの糸を、3〜4mm位残して切ります。

18.ナイロン系糸の止め方です。糸を火で炙って、指で圧着して固定します。

18.麻糸の止め方です。火で炙ると燃えてしまって固定できません。その為、水性系ボンドで、圧着して固定します。

19.完成です!

N'hésitez pas à nous poser vos questions et à nous demander un devis.

N'hésitez pas à nous poser vos questions et à nous demander un devis.
Fabrication et vente d'outils pour le travail du cuir. Outils japonais de qualité professionnelle pour le travail du cuir. Oka Factory & Co.,Ltd.

Oka Factory & Co.,Ltd.

272-0827 5-10-7, Konodai, Ichikawa-city, Chiba

tel
+81-47-713-8601

Du lundi au vendredi de 8h30 à 18h00

FAX +81-47-713-8661

Pour toute commande, vous pouvez nous envoyer un email, nous téléphoner ou nous envoyer un fax.
Nous sommes fabricant, si l'article que vous souhaitez n'est pas en stock et doit être fabriqué, cela peut donc prendre un peu de temps.