Maintenance
使用方法とメンテナンス

革手縫いの方法 <革の貼り合わせ→ 手縫い用ディバイダーで線引き→ 菱目打での穴開け→ 針と糸の準備→ 手縫いの方法>

<革の貼り合わせ>

1.わかりやすい様に、表(茶)と裏(焦茶)に分けます。

2.手縫いする箇所に接着剤を塗布します。

3.指やヘラで約6〜7mm幅に広げます。木工用ボンド等の白い接着剤(水性)は、乾く前に貼り合わせます。ゴムのり等(油性)の接着剤は、乾いた後に貼り合わせます。

4.水性接着剤はクリップ等で圧着します。油性接着剤はローラーや、手で押して圧着します。

 

<手縫い用ディバイダーで線引き>

1.手縫い用ディバイダーで、引く様に線を引きます。

2.角度は少し傾けて使用します。強く線を引くと革が切れたり、線が深く残ってしまうので気を付けます。

 

<菱目打での穴開け>

1.穴を開ける時は、左から右へ向かって行います。革の下にゴム板を敷いて作業します。

2.穴を開け終わった状態です。

NEW.この価格帯の手縫いキットに入っている、ゴム板の比較です。意外に軽視しがちですが、レザークラフトにおいて、ゴム板の大きさと厚みは重要です。適切なゴム板のサイズで、安定した作業が行えます。

A.穴を1つ重ねて開けます。重ねないと均一な穴開けが出来ません。

B.横から見て垂直に穴開けをします。傾いていると、裏面の縫い目が汚くなります。

C.叩く時は、裏面に刃先の先端が出ていればOKです。強く叩きすぎて、刃先を深く入れると、刃が折れる原因になります。C−2とC−4は縫い目の見た目は変わりません。

D.ゴム板の下に、タオルを敷くと騒音防止になります。

 

<針と糸の準備>

1.実際に縫う長さの4倍〜5倍の長さの麻糸・丸針2本・ビーズワックスの3点、もしくは、ロウ引き糸(ロウがしみ込んだ糸)・丸針2本のどちらかを準備します。(説明は麻糸で行います)

2.麻糸にロウを擦り付けます。3〜4回糸を引いてロウを擦り込んで、逆方向からも同じ様に擦り込みます。

3.Aを針穴に入れて20mm位で止めます。

4.Bを針先に刺して、少しAに近付けます。

5.再度、Bを針先に刺して、Aに近付けます。

6.針先に刺した、Bの2ヶ所をAの針穴に近付けます。

7.Aを引いて糸のたるみを無くします。

8.Bを引いて、針先に刺したBの2ヶ所を針から抜きます。

9.1つ目の針、下準備完成です。再度、糸の反対側にも、同じ手順で針を準備します。

10.1本の糸に、針を2本付けた状態で完成です。

 

<手縫いの方法>

1.縫う距離の4〜5倍の長さの糸を準備します。

2.AとBの長さを同じにします。(わかりやすい様に、糸をAとBに分けて説明します)

3.まず、Aを1つ目の穴に刺して引きます。縫う時は、表面(Front)を自分に向けて、左から右に向かって縫います。

4.Aの糸を引いて止めた状態です。

5.Aを下に下げます。(重要!)Aが右・Bが左になる様なイメージで、Bを引きます。革手縫いは、このルールを最後まで変えません。変えると裏面の縫い目が不揃いになり、綺麗な縫い目になりません。

6.AとBを引いて縫い目を締めます。強く引きすぎると革がちぎれます。

7.Bを次の穴に刺して引きます。

8.Bの糸を引いた状態です。

9.5の手順と同様に、Bを下に下げます。(重要!)Aが左・Bが右になる様なイメージで、Aを引きます。

10.AとBを引いて縫い目を締めます。この手順の繰り返しで縫い進めていきます。

11.縫い終わりについて説明します。まず、AとBを引いて縫い目を締めます。

12.縫い目を、逆に戻ってAを刺して引きます。糸が抜けにくい時は、Aの針を円を描く様に回すと、穴が広がって抜けやすくなります。

13.Aの糸を引いた状態です。

14.5の手順の逆向きに、Aを下に下げます。(重要!)Aが左・Bが右になる様なイメージで、Bを引きます。

15.AとBを引いて縫い目を締めます。

16.12の手順と同様に、Bを刺して引きます。

17.Bを引いた状態で、AとBの糸を、3〜4mm位残して切ります。

18.ナイロン系糸の止め方です。糸を火で炙って、指で圧着して固定します。

18.麻糸の止め方です。火で炙ると燃えてしまって固定できません。その為、水性系ボンドで、圧着して固定します。

19.完成です!

お見積もり・お問い合わせはお気軽にご連絡下さい

お見積もり・お問い合わせ
レザー工具の企画・製造 株式会社 岡製作所 社屋

レザー 工具の企画・製造 株式会社 岡製作所

〒272-0827 千葉県市川市国府台5丁目10番7号

電話
047-713-8601

9:00~18:00(土日祝日定休)

FAX 047-713-8661

販売についてはメール、もしくは電話・FAXにてお願いします。

※工場ですので発送までにお時間をいただきます。

岡製作所Instagram 岡製作所Facebook

Translate »